お金を借りたいと思ったら会社から借りる方法もある?

お金を借りたいと思った時に、選びうる選択肢というのはかなり沢山あるはずですが、あまりリスクを負いたくないと思えば、優先順位はおのずとついてくるかと思います。
もしあなたが社会人で、ある程度の会社に勤めているならば、会社からお金を借りる、ということも可能かもしれません。
これは完全に会社によるので一概には言えないのですが、福利厚生などの意識が強い会社であれば、社員向けの何らかの貸付をしている会社はあるにはあります。
「社員融資制度」などという名前がついている場合もありますが、これは例えば、学生で言う「学生金庫」のようなものです。
何らかの限定された条件のもと、社員に対して貸し付けるのですが、当然ながら一般的な金融機関よりも金利などが優遇されていることが多いです。
ただし、この社員融資制度を利用した場合、もし返済が滞れば、それはそのまま給料などから天引きされることになりますので、さらにその減額分を補填するために別の借金を重ねたり、ということにならないように注意が必要です。
また、このような社員融資制度以外にも、給料の前借という手もあります。
いい大人が給料の前借りなどと思うかも知れませんが、これはちゃんと労働基準法で決められていることなので、もし社員が申し出れば、会社としてはそれなりに対応しなければならないことになっているのです。
ですから、もし困っているときには、会社に相談を持ちかけるのも一つの手だと思います。