住宅ローンランキングで金利の推移もわかる?

住宅ローン金利ランキングの推移はどうなっているのか調べて見ました。
住宅ローンの金利の推移は、20年もの以上の長期国債の金利に連動しているといわれていますが、ここ10年の推移は1.
5%前後で変化しています。
現在の日本の状況で言いますと、インフレ率が2%程度ですし、急激に金利が上昇するということは、市場にお金が出回らなくなると言うことにもなり、政策としても望ましくない方向です。
住宅ローンの変動金利が劇的に上昇するというのは、考えにくい現状となっています。
ですから、固定金利か変動金利で悩むことが多い住宅ローンですが、今、借りるなら長期の固定金利よりも、変動金利や固定金利との組み合わせで金利計算するミックスを利用したいという人が増えています。