琥珀とコーパルの違いは?

琥珀は樹液が完全に化石化したもので、いろいろな条件に対して、石化したために過酷な条件に対して変化の少ないものでもあり、かなり物質的に違うものに変化してるものであるといっていいものであるのです。
そのために、薬品にもほとんど反応することなく石のように扱うことができるもので、それに石と同様に硬質の硬さがあるのも、この特徴ということがいえるのであります。
それに比べてコーパルと言われるなりかけのものの状態で採取されてしまったコーパルは、似ているようでその性質が全く違ったところにあるものでもあるのです。
特にエタノールではコーパルは反応してしまうところですが、完全に石化してしまっているそれでは、何の反応もないのです。
また、海水ではコーパルは浮きますが、それは沈んでしまうくらいの重量があり、このように質感などが全然違っていたりしているのです。
また、最大の違いといえば、熱に対しするもので、コーパルはすぐに溶けだしてしまうのですが、それは何の変化もしないのです。
また、見た目にもその差は歴然で、似ていているようで似てないものということが言えるものなのです。