住宅ローン借り換えの返済負担率とは?

【住宅ローン借り換えでよく聞く総返済負担率とは何か】住宅ローン借り換えでは総返済負担率という用語をよく聞きますが、これは返済負担率とも呼ばれますが、住宅ローンを借りる際の収入の基準を表すものの一つです。
総返済負担率を一言で言い表しますと、「年収に対する年間返済額の割合」になります。
住宅ローンを利用する場合は長期に渡って無理のない返済が必要になってきます。
そのためにそれが可能かどうかをチェックするために使われるのが総返済負担率なのです。
したがってこの総返済負担率が基準以内でないと住宅ローン借り換えの審査に通らないことになるのです。
具体的な数値を上げますと、例えばフラット35では、年収が400万円未満の場合は30%以下、年収が400万円以上の場合は35%以下と決められています。
住宅ローン借り換えランキング!金利と手数料一番お得は?【銀行比較!】