FXデイトレード取引に向いている通貨とは?

デイトレードとは短期でのFX取引の事を言います。
デイトレードに向いている通貨は流動性が高く、情報が豊富なものです。
まず流動性があるとは自分が買いたいと思った時に買え、売りたいと思った時に売れるだけの市場の厚みがあるかどうかを意味しています。
基本的に先進国と呼ばれる国々の通貨であれば、流動性について心配する必要はないはずです。
米ドルやユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドル、ニュージーランドドル、スイスフランなどの主要国の通貨であれば、流動性不足により売買ができないという事はありません。
デイトレードの特徴としては短期間にテクニカル分析やファンダメンタルズ分析など様々な角度から相場を分析して変動する為替レートの値動きを捉えてトレードをすることが挙げられます。
従って情報の入手が重要になります。
例えばアメリカの雇用統計が発表される前後には、その数字を予測して米ドルが買われたり、売られたりします。
こうした相場の値動きを捉えてトレードするためには、やはりリアルタイムで経済情報を入手することが必要不可欠です。